トイレ詰まりの予防方法とは?

トイレ詰まりを予防する方法を理解して、トイレ詰まりにかかる時間とお金の浪費を回避する。

水が流れているトイレ

トイレが詰まってしまうと、お金と時間を浪費してしまいます。ここでは、普段からできるトイレ詰まりを予防でするために出来る事をいくつかご紹介します。

抄録※トイレの「詰まり」の主な原因と対処法 | 生活トラブル救急車 https://水道・ガラス・鍵修理は生活トラブル救急車.com/water/column/2554

流すトイレットペーパーの量を調整する

もちろんトイレットペーパーは便器に入れて流す事ができますが、量が多すぎるとトイレ詰まりの原因になってしまいます。また、使うトイレットペーパーの種類により水に素早く溶けるものと、そうでないものがある事も覚えておくといいでしょう。

加えて、トイレットペーパーには、一重構造のシングルタイプと二重構造のダブタイプがあります。ダブルになると当然量が増す事になり、シングルと同じ長さを使っていても詰まりやすくなります。

トイレットペーパーを節約しろという訳ではありませんが、量が多すぎると詰まりやすくなるので、それを意識して使うならトイレ詰まりを予防する事ができるでしょう。

異物を流さない

トイレに異物を流さない事は必須です。例えば、生理用品や赤ちゃんのオムツなど簡単に溶けそうな素材で、実際数回流してスムーズに流れたとしても、トイレットペーパー以外は決して流してはいけません。

さらに、ペットの砂をトイレに流すという方も多いです。これらものは簡単に流れるのですが、一旦詰まってしまうと、処理するのに多額の費用と大規模な工事が必要になってしまこともあるので、トイレには流さずに別で処分した方がいいでしょう。

十分な水量で流す

節水のためタンクを加工して、流す水量を減らす工夫をしている家庭もあります。それぞれの便器は計算された水量によってはじめて排水がスムーズになるように設計されいます。

節水は大事なことですが、もしトイレが詰まってしまった時の費用や時間を考えると、普段から十分の水量で使用する方がいいでしょう。

もし、排せつ物やトイレットペーパーの量が多くなってしまった場合には、最後まで待たずに途中で一回流してしまう方がいい場合もあります。

普段からできるトイレズ詰まりの予防方法をまとめてみました。トイレの使い方一つで、トイレの汚れ具合や使用できる年数が変わってきます。

簡単な事なので、家だけでなく公共の場所や会社のトイレを使う時にも上記の点を意識してトイレを使ってください。