トイレの詰まりを防止するにはどうしたらよいですか

トイレの詰まりを防止するには

右手でラバーカップを持つ

トイレつまりには経年劣化などで発生するトイレつまりがありますが、これは防ぎようがありません。しかし、ほんの少しの不注意で発生するトイレつまりは予防することが可能です。

最近では、ホームセンターなどでトイレに流せる商品というものが増えてきました。例えば、流せるお掃除シート、流せる赤ちゃんのお尻拭き、流せるペットの砂などはよく見かける商品です。

便利で使用後の処理も簡単ですが、流せるお掃除シートなどは複数枚を同時に使用して流すとトイレがつまる場合があります。

流せる赤ちゃんのお尻拭きも同様で、流せるペットの砂などは膨張してしまい排水管につまる場合があります。同様のことはティッシュペーパーにも言えます。

ティッシュペーパーを流した場合、即座にトイレがつまるわけではありませんが、ティッシュペーパーは水に溶けません。複数枚を流した場合は、埋まることがあると考えておいたほうがよいでしょう。

つまり、便のほかにトイレに流してよいものは基本的にトイレットペーパーのみなのです。ただし、トイレットペーパーでも大量に流すとトイレはつまることがありますので、ウォシュレットを併用するなどして、使用量を減らしたほうがよいでしょう。

トイレに流すものに注意することは原則ですが、トイレに物を置かないことでトイレのつまりを未然に防ぐことができます。なぜかといえば、物を落下しやすい棚やトイレタンクの上に置いておくと、気付かないうちに便器の中に落ちてしまい、つまる場合があるのです。

例えば芳香剤や生理用品、タオルなどです。これらのものは不用の場合はきちんと収納しておくか、必要な場合も落下しにくい場所に置きましょう。

同様にゲーム機やおもちゃ、携帯電話など、トイレに物を持ち込まないこともトイレのつまりの予防となるでしょう。さらに、冬場に使用する使い捨てカイロや、農作業の際にポケットに軍手を入れたままトイレを使用した時などは、気付かないうちに便器に落ちてしまう場合があるので注意が必要です。

これらのことを注意すると、不注意によるトイレのつまりは大半が防げるはずです。