トイレつまりを自分で直すにはどうすればよいのか?

自分でできるトイレつまりを解消する方法について

トイレ修理直後のイメージ

一度に大量のトイレットペーパーを流してしまった時、または水溶性ではないトイレに流すのに適さない紙材を流してしまった時などにトイレのつまりは発生してしまいます。

トイレがつまっている状態ですと便器の中に水が際限なく溜まっていき、適切な処置を施さなければ便器からあふれてしまい周囲が濡れてしまいます。

まずは便器に水を供給している「給水工」の止水栓を閉め洗浄水の供給を止めてください。止水栓がない場合には家全体の止水栓を閉めなけばならないのですが、便器にあまり水が溜まっていないのでれば、便器の周囲に新聞紙や雑巾などの何か給水できるものを敷き、これから説明するトイレつまり対策に備えてください。

トイレのつまりを自分で解消するには「ラバーカップ」と呼ばれる私たちにわかりやすく説明すると「スッポン」と呼ばれる棒の先端にお椀のようなゴムがついている用具の使用が適切です。

先ほど説明したように便器周辺に給水用の新聞紙や雑巾を敷き、ラバーカップを便器の穴に密着させゆっくりと隙間なく押して行ってください。

十分に先端のゴムがへこんだら中の煮詰まっている異物と水をこちら側に吸い寄せるような感覚で引いて行ってください。失敗のポイントとしましては、高速でカポカポと押したり引いたりを行うと周囲に水が飛び散ったり、高速で動かすことで隙間ができやすくなるのでトイレつまり解消を失敗する原因となるからです。

ラバーカップでつまりが解消しない場合には、「重曹」や「ぬるま湯」「酢」を用いた裏技的なテクニックが存在します。重曹を使うのでトイレはしっかりと換気した状態にしておいてください。

重要と酢を便座の穴に注ぐことで中のつまっている固形物を軟化させることがこの方法のキモとなり、そこにぬるま湯を注ぐことでさらなる軟化の効果を上乗せした後一時間ほど便器を放置しておきます。

そのご洗浄水を流して十分に水が流れつまらないのであれば成功であり、この方法で解決しないのであれば潔く業者に依頼することをお勧めします。